IMG7852a.jpg

mix culture

新築のピカピカとした質感が好みではなかったお施主様は、大阪の都心にある築28年の中古マンションを購入し、リノベーションされました。

天井の配管とコンクリートをむき出しにした工業的なNYスタイルの中にも、パリの店街を連想させる採光窓の飾り壁や白タイルを施すことで荒々し過ぎないデザインを意識しています。

雑貨やインテリアも、エスニックなものから北欧ものまで多種多様。

系統やジャンルをカテゴライズせず、好きなものだけを寄せ集めた自由な住まいになりました。

CIMG9502a0808.jpg

採光窓の仕切りの向こうは、自宅で自営業をされている旦那様のワークスペース。仕事に集中できるよう、リビングからは見えにくい構造に設計しています。ガラスを照らすことで生じるグレア効果を利用する為、床にウォールウォッシャーのダウンライトを埋め込みました。

IMG7921a.jpg

既存の建具をクロムグリーンに塗装し、リメイクしたこちらの建具。既存サイズでは少し不格好だったので、扉を大きく見せるため上部に欄間を設けました。スイッチ等の突起物はニッチのくぼみに配置したので廊下がスッキリとして見えます。

IMG7886a.jpg

キッチンから洗面とバスルームにすぐ出られるように家事動線を重視して設計。料理をしていても確認しやすいよう、インターホンはキッチンの正面に配置しています。リビング・ダイニングの漆喰の壁は、施主様がご友人と楽しみながらDIYで塗装されました。

IMG7935a20150808.jpg

ワークスペースに施した印象的なブルーのポイントカラーは、旦那様の会社のイメージカラーを取り入れたもの。天井まで伸びる棚を3列設け、本をたくさん収納できるようにしました。ワークデスクは部屋の両端にぴったり収まるサイズに造作しました。

IMG7861a.jpg

IMG7835a.jpg

IMG7952a.jpg

IMG7939a.jpg

IMG7998a.jpg

IMG7865a2.jpg

IMG7940a.jpg

IMG7985a.jpg


岩崎邸-物件Dat.jpg