IMG_3976.jpg

nozyu danchi project

ニーズの変化で取り壊しが進む農住団地の再生プロジェクトです。昭和49年築農住団地なので、ライフスタイルの変化から使いづらくなった間取りを変更しました。その一方で、LDKのガラス扉はもともとこの部屋で使われていたものを工夫し、取り付けました。今では手に入らない、当時の良さを残す工夫をしました。新品では出すことのできないヴィンテージの味が空間を惹きたてています。

DSCF1295.jpg

植物が映えるシンプルなデザイン

壁は白で統一し、角には小さな棚を設置し、ちょっとした置物が置けるスペースを設けました。観葉植物と無垢フローリングで、より温かみのある空間になりました。

IMG_7549.jpg

30年以上前の扉に合わせた壁

当時の扉に合わせて壁はシナ合板に塗装をし、色を合わせました。収納ですか?とよく聞かれますが、そうではありません。あくまでも空間のアクセントとして、手前に置くものをより魅力的にみせる役割を果たしています。

059.jpg

こだわりの素材選び

賃貸物件では無垢フローリングはメンテナンスのし難さから敬遠されがちですが、逆の発想で経年変化を楽しんでもらえるお客様に入居いただけるように床はパイン材にしました。

DSCF1292.jpg

昨日には無かった形

わたしたちグリッドデザインは、古くなったお部屋に、もう一度輝きを取り戻すためのアイデアをご用意しております。